【総評】
最新情報2005.10.16やラジオ「ROUTE842」等で告知して来ました、西 司の
オリジナルクリスマスソング企画へのたくさんのご応募、ほんとにありがとう
ございました。告知当日から多数の応募があり、締め切りの11月17日までに
ほんとにたくさんの詩とMDとCD-Rが届きました。すべての作品を丸3日かけて
じっくりと検討させてもらっていくうちに何だか泣きそうになってきましたよ、
みなさんのステキな表現やオリジナルなクリスマスワールドに。当初はオレが
イメージしたモノにピッタリと当てはまる作品があれば採用させて頂こうと思って
いたのですが、結局は頭をまったくリセットし、みなさんの作品からイメージを
膨らませて楽曲を作る事に決めたんです。でないと、オレの中にイメージしたモノ
があるのなら最初の募集段階で伝えておいた方がみなさんも作り易いですからね。

さて、まず「詩」です。十分作詞家としてもやっていけるんじゃない?という
ようなレベルの作品や、たった一行だけど素晴しい感性の言葉を連ねているモノ
もたくさんあり、時間さえあれば全部に曲をつけたい、という気持ちになって
きましたが、当初の予定通り、イントロ部分や間奏、歌中でのコーラス等での参加、
という事を前提に検討しました。

それから、「音源」です。これも「詩」同様、オレも焦るぐらいの歌唱力の録音物
やピアノの弾き語り、アカペラなど、ステキな作品がたくさん集まりました。

そして今回、オレが最もイメージを膨らませる事が出来るだろう、と思った作品が
ひとつあります。「音源」の部門にご応募頂いた方の作品です。長考の末、その方
の作品1点に絞らせて頂きました。ただ、「詩」の部門でも、最終的に残った3点の
作品があまりにも魅力的でオレの頭から離れません。出来れば今後何らかの形で曲
をつけさせてもらえらばなぁ、と考えています。今回この企画においてご応募して
頂いた方たち、ほんとにありがとうございました。

【楽曲について】
「For Me」
今回、その方の録音物を聴かせて頂いてイメージしたモノは「幼い頃の純粋さ」です。
オレの仕事柄、今までに雑誌、ラジオ、テレビ等のインタビューにおいてクリスマス
の想いではありますか?などとよく聞かれたものですが、やっぱり頭の片隅には常に
「愛」や「恋」が見え隠れしてしているんです。今回はそんな愛や恋以前のサンタ
クロースを信じてた頃の匂いを想い出しながら作詞作曲活動に入りました。サンタ
クロースを信じなくなった時期は人それぞれバラバラだと思います。ただ、生まれた
時からサンタクロースを信じなかった人なんていないでしょう。純粋さあったがゆえ
の夢の膨らみ、真の笑顔。そして今、私たちは夢を与えていかなくてはならない立場
になりました。幼い頃、夢を与えてくれた何かに感謝する気持ちでこれからは夢を
与え続けていければと思っています。そんな詞の内容を「黒潮ブルース」や「君を
見てる僕が見える」でおなじみのギタリスト米川英之さんのギターワールドに包まれ
ながらミディアムテンポな曲調で表現しました。ちなみに採用させて頂いた方の音源
はイントロ部分で使用させて頂きましたのでトータルタイム7分30秒という豪華な
(?)長さになりました。

【採用者発表】
今回採用させて頂いた方は、「KOHKO」さんという女性の方です。MDによる音源
を頂きました。彼女が幼い頃にご両親のピアノ演奏で歌われたものでしょうか、それ
とも幼い彼女の弾き語りでしょうか、「Silent Night」を送ってくれました。元々、
カセットテープでの録音物として保存されていたらしいのですが、そのカセットを
MDにダビングして頂いてのご応募。今回の楽曲の原点ともなる彼女の録音物に感謝
するとともに、今回の採用、誠におめでとうございます。幼き頃の想い出のクリスマス
ソングとともに今回のクリスマスソングも大切にして頂けると嬉しいです。

【採用者のKOHKOさんからのコメント】
この度は、クリスマス企画に採用していただき、本当にありがとうございます。
なんだか色んな思いが込み上げてきて、言葉にならないのですが・・・自分の幼き頃の
声と司さんの音楽がひとつの曲になることに嬉しさを感じ、そして、その「For Me」が
とても暖かく、壮大で、本当に素敵な曲だと感動し、聴いていて涙が溢れました。

この「Silent Night」は、私が3歳くらいの時に歌ったものです。家族が集まって
クリスマスパーティーをした際に両親が録音してくれました。ピアノを弾いているのは
今は亡き祖父です。後半、両親がハモってくれています。(もちろん、司さんのコーラス
の方がステキです!!)

「For Me」を聴きながら、大好きな人たちに囲まれて過ごしたクリスマスの記憶が
甦りました。声が裏返ったり、咳をしていたり、ちょっと恥ずかしい部分もありますが、
聴いてくださった方たちにもサンタクロースを信じていた幼い頃を少しでも思い出して
いただければ、私も嬉しいです。そして、こんなに素敵な曲にしてくれた司さんに心から
感謝します。幼き頃の想い出と一緒に、「For Me」もずっと大切にさせていただきます☆


【最後に...】
この楽曲は今現在、CD発売の予定はありません。毎年、クリスマス時期にHPや
ライブ等でしか聴いて頂くことが出来ないですが、今後、このクリスマスソングが
一人歩きしていってくれることを期待し、フルコーラス、高音質でのファイルで
UPさせて頂きます(10MBあります)。

【楽曲を聴く】
【歌詞を見る】







inserted by FC2 system